家族葬の場合

近年、家族や親しい友だちだけを招いて少人数で行う家族葬を選ばれる方が増えてきました。
・家族だけで行う葬儀
・家族親族だけで行う葬儀
・家族を中心に親しい人たちだけで行う葬儀
・規模(人数)の小さい葬儀 など

これらはすべて家族葬です。
訃報を知った方がどなたでも参列できる一般葬と違い、家族葬は招かれた方のみで行われます。

家族葬に招かれたら

家族葬の場合、ご遺族は招く予定の人をあらかじめ決めており、参列して欲しい人のみに葬儀の詳細を連絡します。
招かれたら通常の通夜・葬儀と同様に参列します。
香典については辞退されれば準備の必要はありません。辞退の旨がない場合は、通常の葬儀と同額を準備していきます。

家族葬では周囲の方が混乱しないように葬儀後にお詫びと共に家族葬を執り行ったことを通知することが一般的ですが、何らかの事情で葬儀前に知らされることもあります。
訃報に日程や会場の住所があっても明確なお招きがないときは参列しない方がよいとされます。
どうしても判断に迷う関係である場合はご遺族に確認した方がよいでしょう。

参列できない場合の対応

参列できないときは弔電を出したり、香典・供花・供物などで弔意を示すことができます。
近年はお供えを辞退する場合もございますので、会場に問い合わせるとよいでしょう。

香典・供花・供物

香典・供花・供物を辞退する旨が明記されていたら、これらは贈ってはいけません。
香典辞退のみで供花・供物についての明記がないときがあります。
不明な場合は会場に問い合わせましょう。

手紙を贈る

すべてをご辞退される遺族でも、手紙を送ると喜ばれる場合が多いようです。
故人との関係やお世話になった事柄など、故人の人柄が偲ばれる内容にするとよいでしょう。その際に忌み言葉は使わないようにします。

葬儀後の弔問

葬儀後の弔問とは、ご家族が落ち着いてからご自宅に訪問して故人にお線香をあげさせていただくことを意味します。期間は葬儀後一週間から忌明けまでの間がよいとされています。

1. 家族葬は、特に葬儀後の弔問が多くなりますから、ご家族に連絡して弔問してよいか伺います。
2. 遠慮して欲しいという意志がある場合は無理に伺ってはいけません。
3. 伺ってよい場合は、日時を決めてから伺います。
4. 故人が好きだったお菓子やお花などのお供えを持参するとよいでしょう。
5. 手短にすませて長居をしないようにします。