キリスト教の葬儀マナー

キリスト教では「死は罪が許されて神のもとに帰り永遠の命が始まること」とされ、不幸なことであるという考え方はしません。(そのため「御愁傷様です」などのお悔やみの言葉は使いません)
キリスト教には大きく分けてカトリックとプロテスタントがあり、葬儀の流れや名称も違います。仏式の通夜にあたる通夜祭(プロテスタントでは前夜式)は本来のキリスト教にはなく、日本独自のものとなります。
礼拝の歌のためにパイプオルガン等の楽器を奏でることが多く、教会で行われることが一般的です。少数ですが、自宅や斎場で行われる場合もあります。
※カトリックでは聖職者のことを神父、礼拝の歌は聖歌。プロテスタントでは聖職者のことは牧師、礼拝の歌は賛美歌です。

献花

仏式の焼香と同様の意味を持つのが献花です。白いカーネーションや菊、白ユリなど茎の長い花を献花台に捧げます。

1.自分の番がきたら前に進み喪主・遺族に一礼。
2.お花を渡す係(葬儀場のスタッフ)からお花を受け取る。
3.献花の順番がきたら係の人からお花を両手で受け取る。
このとき右手でお花の頭を支えるようにして持ち、左手を添える。
4.お花を受け取ったら献花台に進む。
5.お花が手前で根元が祭壇を向くようにお花を時計まわりに45°回転。
6.お花を献花台に置く。
7.少し下がって一礼。
8.喪主・遺族に一礼して席に戻る

キリスト教と仏式の葬儀との違い

キリスト教と仏式では様々な違いがあります。それぞれの宗教の死に対する考え方の違いによるものですので、マナーとして覚えておきましょう。

不祝儀袋の表書きについて

お香典という言葉は仏教のものです。また蓮の花のついた袋は使用しません。
白無地か百合の花の不祝儀袋を使用します。水引は白黒・銀であれば使用してもかまいません。

カトリック
御ミサ料 お花料 献花料 御霊前 
プロテスタント
お花料 献花料
※御霊前はどんな宗派でも大丈夫と言われますが、プロテスタントでは使用しません。
キリスト教とわかっているのであれば、お花料や献花料とするのがよいでしょう。

数珠について

数珠は仏教の仏具ですからキリスト教の式では使いません。

言葉について

「成仏」「供養」「冥福」という言葉は仏教のものですので、キリスト教の葬儀では使いません。またお悔やみの言葉も使いません。
「安らかなる眠りをお祈りします」「○○様の平安をお祈りします」などが遺族への慰めの言葉となります。