神式の葬儀マナー

日本古来の神をお祀りする宗教が神道です。神道によって行われる葬儀を神葬祭(しんそうさい)といいます。仏教の葬儀は死者を極楽浄土に送ることですが、神葬祭は、死者の穢れを浄め祖霊(一族を守る守護神)としてお迎えするための儀式となります。
通夜祭(つやさい)・遷霊祭(せんれいさい)は仏式の通夜にあたるもので、葬場祭(そうじょうさい)は仏式の葬儀・告別式に当たります。
死にまつわる儀式が神社で行われることはなく、ほとんどが自宅か葬祭場で行われます。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

仏式の焼香と同様の意味を持つのが玉串奉奠です。
玉串とは榊(さかき)に紙垂(しで)をつけたもので、この玉串を神様にお供えします。
1.自分の番がきたら前に進み喪主・遺族に一礼
2.神主(葬儀場のスタッフ)から玉串を受け取る
3.このとき右手で榊の根元を上から持ち、左手で枝の先を支えるようにして持つ。
4.祭壇の前に進み一礼。
5.根元が手前になるように時計回りに45°回転させて祈念。
6.時計まわりに180°回転させて根本が祭壇を向くようにする。
7.玉串を台の上に置く。
8.祭壇に向かって二回頭を下げ、しのび手で二拍手。
※しのび手とは音が鳴らない拍手のこと。手が当たる直前で止める。
9.少し下がって一礼。
10.喪主・遺族に一礼して席に戻る

神式と仏式の葬儀との違い

仏式と神式では様々な違いがあります。それぞれの宗教の死に対する考え方の違いによるものですので、マナーとして覚えておきましょう。

不祝儀袋の表書きについて

お香典という言葉は仏教のものです。神式では表書きは「御霊前」「御玉串料」となります。また蓮の花のついた袋は使用しません。

数珠について

数珠は仏教の仏具ですから使いません。

言葉について

「成仏」「供養」「冥福」という言葉は仏教のものですので、神式の葬儀では使わないようにしましょう。