葬儀の服装・髪型・持ち物

葬儀・告別式での服装のマナーです。故人との最後の大切なお別れの場ですので、失礼のないよう心がけましょう。
通夜については地域によって事情が違ってきます。
多くは略装・ダークな色のスーツなどでよいとされます。仕事先から直接行かなければならないこともありますので、普段着での参列になる場合もあります。
その際、華美なアクセサリー類は外し、華やかな色のあるものを見せないように隠すなどの配慮は必要です。

男性の場合

正装はモーニングですが、近年では略装が多く着用されるようになってきました。
社葬など規模の大きな式ではモーニングや和装などの正装を着用するとよいでしょう。
男性の略装とはブラックスーツと呼ばれるもので、葬儀の他に結婚式にも使える黒の礼服のことです。
ワイシャツは白、ネクタイは黒にします。
ネクタイピンはつけない方が一般的です。時計も派手なデザインのものはつけません。
靴は黒の革靴。靴を脱ぐ場合もあるので、靴下も黒色のものを着用しましょう。
髪型はワックスやジェルで整えます。このときにおいの強い整髪剤は避けましょう。
ハンカチは白か黒一色のもので、色柄ものはNGです。
数珠は自分の宗派のものを持って行きます。
※仏教徒でなければ不要です。

女性の場合

故人に近い身内の女性は和装、または洋装の喪服で参列します。洋装の喪服としては現在では「ブラックフォーマル」と呼ばれる黒のワンピース+ボレロが主流です。
スカートとトップスが分かれているスーツ形式のものは略装となります。
できるだけ肌は見せず、黒のストッキングに飾りのない黒靴でまとめます。
また黒でもエナメル質の光るものは避けましょう。ブーツ・サンダル・ミュールはNGです。
アクセサリーは真珠、黒のジェットの一連ネックレスのみで、髪飾り・イヤリングもつけません。※結婚指輪はつけたままでもよいとされます。
化粧は薄めに仕上げます。ファンデーション・口紅は艶のない落ち着いた色を選び、アイメイクはしません。マニキュアやネイルアートも落としましょう。
※ネイルが落とせない場合、葬儀用の黒の手袋を着用します。
肩よりも長い髪の方は後ろ(耳よりも下)で束ねた方がよいでしょう。
バッグは黒一色のもので、留め金などに黒以外の色を使用しているものは避けます。
ハンカチは白か黒一色のもので、色柄ものはNGです。
数珠は自分の宗派のものを持って行きます。
※仏教徒でなければ不要です

中学生、高校生の場合

学校の制服(ブレザー・学生服・セーラー服など)で参列します。
夏であれば上は白のカッターシャツなどでも大丈夫です。
制服が華美である、スカートが膝上である、制服がない場合は、白色のシャツに黒や紺といった地味な色のスーツか平服が望ましいです。
くつ下は黒・白・紺で、裸足はNGです。
靴は黒い革靴。なければスニーカーでもかまいませんが、カラフルなものは避けましょう。

小さなお子さんの場合

日頃の準備もなく困ることが多いのが小学生以下の子どもの服装です。
服の形などに特別な制約はありませんが、喪服の大人の中に入っても目立たない色(黒・ダークグレー・紺など)の服装が望ましいです。
一例としてお勧めするのは、襟付きの白シャツに暗い色のズボン(スカート)・黒系のブレザーやカーディガンなどです。
絵柄のあるものは避けて、無地に近いものを選びます。
ジーンズやパーカーなどカジュアルなものは避けます。
どんなに小さなお子さんでも裸足はNGです。
靴は黒い革靴。なければスニーカーや運動靴でもかまいませんが、できるだけカラフルなものは避けましょう。