香典について

香典の金額について

香典は一般的には葬儀に持参します(葬儀に参加できない場合は通夜に持参します)。
香典の金額は、お付き合いの深さや、贈り主の年齢によって異なります。また地域によっても差があります。

不祝儀袋の表書き

葬儀に持参するお金を一般的に「香典」と呼びますが、香典は仏教のみで使われる言葉です。不祝儀袋の表書きは宗教・宗派や出す時期によって違いがあります。

通夜・葬儀 忌明け法要以後 備考
仏式 御香典・御香料・御霊前・御佛前 御佛前・御仏前 浄土真宗では御霊前は使えません蓮のイラストは仏教のみです
神式 御玉串料・御神前 ※通夜・葬儀の時と同じ 御霊前も使えます
キリスト教 御花料・献花料 ※通夜・葬儀の時と同じ カトリックでは御霊前が使えます。 プロテスタントでは御霊前が使えません。
無宗教 御香典・御霊前 御霊前

※できるだけ相手の方の宗教・宗派に合わせます。先方に問い合わせるのがはばかられる場合は、会場に問い合わせるとよいでしょう。
※一般的に御霊前はどの宗派でも使えるとされていますが、御霊前という表書きを使用できない宗派もあります。どうしてもわからないときだけ御霊前の不祝儀袋を選びましょう。

最近では気にされる方が少なくなってきましたが、通夜葬儀の際の表書きや名前は薄墨を使うのが正式です。昔は墨を擦ってから文字を書いたため「墨をする間もなくかけつけた」「涙で墨の色がにじんだ」などの意味があります。薄墨用の筆ペンもあります。
また同様に不幸は突然であることから、わざわざ準備しなければならない「新札」は使いません。

香典の出し方

香典はふくさなどに包んで持参します。
弔辞に使うふくさは、柄のない無地で色はグレー・紺・紫・深緑などの寒色系のものです。
この中で紫だけは慶事にも弔辞にも利用することができるため、準備しておくとよいでしょう。
※どんなに地味な色でも柄があるものは使えません。

1.記帳をすませます。
2.受付の手前でふくさから取り出します。
3.このとき(台付きのふくさの場合は、台付きのふくさの上に載せて)相手に読めるように向きを変えます。
4.「このたびはご愁傷様です」などお悔やみの言葉と共に一礼し、両手で差し出して手渡します。

通夜・葬儀に参加できないとき

通夜・葬儀、どちらにも自分が参列できない場合は以下の方法で香典をお渡しします。

・参列する代理人に預けて届けてもらいます。
・遠方である場合はお悔やみの手紙とともに現金書留で郵送します。
・後日、ご自宅にお届けします。ご遺族に連絡を取った上で弔問の意を伝えてから、訪問しましょう。四十九日前が望ましいです。

香典を辞退されたとき

近年、家族葬など少人数の葬儀が増え、様々な事情でご遺族が香典を辞退されることもあります。無理にお渡しすることはかえってご遺族のご負担を増やすことになるので、ご遺族の意思を尊重しましょう。
どうしても弔意を表したいときは、供物や供花をお贈りします。この場合、お渡しする予定だった香典を超えない予算で準備します。
香典・供花・供物すべてをご辞退されている場合は何もしないことが望ましいです。