年忌法要について

年忌法要は、亡くなった翌年に営む一周忌をはじめとして、年単位で行います。
近年は、三回忌までは近親者を招いて法事を行いますが、それ以降は身内だけで行う場合が多いようです。
仏教では、どんな罪を犯した人でも亡くなって33年目には極楽浄土に行けるとされ、三十三回忌で区切りとし、「弔い上げ」とすることが一般的です。

仏教の年忌法要の数え方

一周忌のみ満1年後で、2年目は『三回忌』、6年目が『七回忌』と、亡くなった年も入れて数えます。例えば12月1日になくなった場合、その年の残りは1ヶ月ですが、1年として数えるのです。

年忌法要は、1周忌から始まり3回忌、7、13、17、23、27、33、37、43、50とありますが、3回忌以降は「7回忌」「13回忌」「33回忌」のみを行うことが多いようです。

命日が平日に当たる場合は、手前の休日に繰り上げて法事を行う方がよいとされます。

Point

地域の習慣は様々です。年忌法要の準備手配など、この地方(愛知県尾張地方)の習慣について、詳しくはシオンライフサポートまでお問い合わせください。