葬儀の前に決めておきたいこと

葬儀の形式

仏式で行う、または他の宗教形式で行う、もしくは特定の宗教にとらわれない無宗教型式で行うなど、葬儀をどんな形式で行うのかを決めておくと良いでしょう。

Advice

代々のお墓がある菩提寺(檀那寺)があり、お墓に納骨する場合は、菩提寺の宗教・宗派で葬儀を行うことが一般的です。

葬儀の規模

葬儀の規模とは基本的に参列者の人数によって決まってきます。
葬儀会社の多くは一般葬や家族葬といった名称でプランが分かれていますが、この名称も近年になってつけられたもので、業界としてはっきりとした定義があるわけではありません。
どんな関係の方が何人くらい参列されるのかで葬儀の規模が決まります。これらは場所(自宅や専用葬祭場)を決定する際の参考になります。

葬儀の予算

葬儀にかかる予算は「費用について」で詳しく説明していますが、想定される規模などから必要な費用を割り出します。
故人やご家族の社会的地位や、交際範囲、経済状況などを考慮し、また、葬儀の形式や想いなども予算に関わってきますので、総合的にそれらの希望・要望をまとめておくことが、適切な予算・見積りを出すコツと言えます。

葬儀を行う場所

式場の選定には、場所(ご自宅からの距離)、そして交通アクセス、式場の規模(参列者の人数から大きさ)などを考慮して決定します。
一昔前は、ご自宅での葬儀が主流でしたが、現在では駐車場が広く、天候などに悩まされることのない専用葬祭場での葬儀が全体の9割以上を占めます。

葬祭場の選定基準

  • 参列者の人数
  • ご自宅から近い
  • ご弔問の方にとって便利な場所(お車でお越しの方が分かりやすい場所、駐車場の広さなど。また公共交通機関でいらっしゃる方のことも考慮に入れましょう)。

Point

シオンでは、シオン会館での葬儀はもちろん、ご自宅・集会所・寺院・斎場(火葬場のホール)などでの葬儀も承っております。

訃報の連絡先

いざという時、どこに連絡をするのか事前にリストを作成しておくとよいでしょう。生前に葬儀の準備をするというのは気が引けるかもしれませんが、親しくお付き合いされている方の連絡先はできる限りご家族が把握するようにしておきましょう。
また、親族の方でも連絡先が分からない場合もあります。緊急時のために親族の連絡先一覧を用意しておく事は大切な事だと思います。

Advice

ロックしてある携帯電話やスマートフォン、パソコン内にしか連絡先のデータがない場合、訃報の連絡さえできないこともあります。一覧を出力しておくことをおすすめします。

遺影写真について

実は葬儀に際して、「遺影写真」でお困りになるご家族が多くいらっしゃいます。
特にご年配の方ほど写真を撮る機会が少ないため、いざというときに遺影に適したお写真がないのです。
亡くなられてからご家族がもっともご覧になる写真が遺影写真です。
遺影写真は人柄の現れている大きめの正面写真を準備しておくとよいでしょう。お顔さえはっきりしていれば、背景や服装は加工することができます。
またピントが合っていれば集合写真からでも遺影写真を作成することが可能です。
スマートフォンで撮影した画像であれば大丈夫です。
使用するお写真を確認できるよう、プリントされた物もあると打ち合わせがスムーズにいきます。
データのやり取りは、メール・各種メディアなどでも対応できます。