菩提寺(お寺と新しくお付き合いするために)

菩提寺とは先祖代々のお墓があり、葬儀や法要等をお願いするお寺のことです。
菩提寺がある場合、葬儀の読経は菩提寺にお願いするのが一般的です。

葬儀の読経のみを請け負うサービスがありますが、先祖代々のお墓に納骨したいとお考えの場合は、まず菩提寺に相談の上、依頼する寺院を決めることをおすすめします。相談なく勝手に決めてしまうと、納骨ができなかったり、菩提寺で葬儀のやり直しを求められる場合もあります。

菩提寺がない場合は葬儀までに読経を依頼する寺院を決定しなければいけません。

葬儀に読経を依頼するということは後のお付き合いや供養など、注意しなければいけない点がありますので、その一部をご紹介します。

宗派について

日本では法律によって個人の宗教の自由が守られていますが、実際には「○○家は先祖代々□□宗」と決まっていることが多いのです。

時代の変化で宗派にこだわる方も少なくなってきたとはいえ、地域的な風習で暗黙のルールとなっていたりします。親族の中に先祖代々の宗派を重用視する方がいらっしゃる場合には、勝手に決めてしまうと親族間で思わぬトラブルになることもあります。

場所について

依頼する宗派の寺院が近くにあればよいのですが、地域によっては希望する宗派の寺院がないところもあります。
あまり遠方の寺院の場合、お参りに行く、または法要などで自宅に来てもらうなど、今後のお付き合いが困難になる場合もあります。

今後の付き合いについて

一般的に「寺院に葬儀を依頼する」ということは、その寺院の檀家になり、その寺院を支えていく一員になるという義務が発生します。
しかし、近年では「跡継ぎがいない」「そういった付き合いは煩わしい」などと考えられる方も多く、「葬儀だけをお願いしたい」という方もいらっしゃいます。
こういった依頼を受けていただける寺院とそうでない寺院がありますので、事前にきちんとしたご相談が必要になります。

後の供養をどうするか

葬儀が終わりお骨になると、いずれどこかに埋葬(納骨)をすることになります。
納骨をどうするかも寺院の選定には重要な基準になってきます。

Point

シオンは地元の寺院の事情に詳しい葬儀会社です。お客様に適切なアドバイスをして、ご希望の寺院を選定するお手伝いをいたします