香典返し

香典返しは、通常忌明け法要後に先方にお届けできるよう準備します。
いただいた金額の半額程度の品物を贈るのがよいとされ、「半返し」と呼ばれます。
ただし、香典の金額が高額(3万円以上)の場合は、1/3~1/4程度のお返しでも失礼ではありません。

香典の金額に対するお返しの目安

また、最近はお葬式時にその場でお返しする「即返し」をされる方も増えています。その場合でも会場で対応しきれなかった高額の方には、別途お返しが必要となります。

香典返しの段取り

ある金額以上の香典をいただいた場合、後日香典返しをお贈りします。お葬式当日の即返しと後日香典返しにする金額の基準は、地域によって様々です。
金額のご厚志(香典)を示してくださった皆様に、感謝をこめてお贈りする『香典返し』は、図のように四十九日法要の前に段取りしなければなりません。

忌明けの挨拶状は香典返しの際に、ギフトに同封いたします。通常は葉書でなく、封筒入りの折カードや和紙の奉書紙などを使用します。

Advice

職場など、複数人でまとめた香典をいただくことがあります。
ひとりひとりの額が小さく個人に対するお返しが不要と判断される場合は、皆様で分けていただけるお菓子の詰合せなどを、お礼としてお送りするとよいでしょう。

Point

シオンでは、故人のお人柄を偲んでいただくためにふさわしいお品選びをお手伝いいたします。